あっぷっぷ~ part2

以前にもブログで紹介した未就園の男の子。耳で聞いた言葉を真似て声を出すようになりましたが、意味のある片言はまだ出ないな~と思っていました。

この子は毎週2~3回通ってきてくれて、ほがらかファミリー音羽を大好きになってくれています。車を降りてママに抱かれてくると自分で戸を開けたがり、玄関で“おりる!おりる~!”と言わんばかりに身をよじって抱っこから降りようとします。こういう姿、本当にうれしい!

昨日のプログラムの最後、お楽しみのしんちゃんの絵本の時の話です。ここに来てから絵本が大好きになったその子は、大喜びで寄って行ってにっこにこ。“読んで~”という顔でしんちゃんを見つめます。今日の絵本は大好きな「あっぷっぷ」。

1回目。きゃっきゃと笑って見ました。しんちゃんが「おしまい」と言っても本を離さず“もっと!” かわいい目でみつめられたら、しんちゃんも読まないわけにはいきません。2回目が終わり、また催促。

3回目。ページを自分でめくり、しんちゃんの顔を見て言葉を待ちます。しんちゃんが焦らしていたら、なんと自分で「にー」って言うではありませんか。「にらめっこしましょ」のセリフを覚えたんですね。しかもちゃんと「にらめっこしましょ」のページで言うんですよ。これはすごい!偶然かと思いきや、また「に!」。しんちゃんが“あっぷっぷ”のページで「あっぷっぷ~」を言うとまたページをめくって「に!」。もう、ママも私たちも、その日来ていた作業療法士さんもビックリするやら嬉しいやら…。感動で目頭が熱くなりました。

さらに4回目、「に!」は、ずっと続きます。よく見ていると、しんちゃんの「あっぷっぷ~」に合わせて声は出ていませんが口を“あっぷっぷ”と動かし始めました。しんちゃん嬉しそうに、声を出さずに“あっぷっぷ”。それを真似てその子も“あっぷっぷ”…。やきもち妬けるほどラブラブな光景(笑)。うらやまし~。

その後もまだ続きます。そして7回目の最後、はっきりと「おし!(おしまい)」って言いました!もうびっくりです。みんな拍手しました。みんな泣きました。本人ちゃんはみんなを見回してキョトン…でした(笑)。

子ども達が発達の階段をひとつ登るのって、本当にひとりひとり違っていて面白いな~って思います。すっすと登っていく子、ゆっくりゆっくり一歩ずつ登る子、じーっとしゃがんで力を溜めてエイヤっと登る子…。それぞれみんな感動的で、私たちを幸せにしてくれます。昨日来てくれた作業療法士さんも、「すごい場面に立ち会えて嬉しい!」と言ってとても喜んでくれました。みなさんもぜひ!ほがらかファミリー音羽にいらしてください。きっと幸せな場面に出会えますよ♪

 

From   こま

 

しーるもね、じぶんではがせるよ~ ぺったんぺったん たのしいよ♪

————————-————————————————–
※「ほがらかファミリー音羽」は“ていねいで心地よい子育て”をするところです。
※三重県菰野町で、児童発達支援・放課後等デイサービスを行なっています。
————————-————————————————–

 

 

お問い合わせはこちら

         059-340-9276info@hogaraka-family.jp