うれしいプレゼント

とってもうれしいプレゼントが届きました。
絵本の出版社のブロンズ新社からだるまさんシリーズの大型絵本を寄付していただきました。
だるまさんシリーズの著者である故・かがくいひろしさんは、元・養護学校の先生でした。だるまさんを描いた時には、まだ現役の先生でした。
かがくいさんの発想の背景には、養護学校で出会ったたくさんの子どもたちの存在があることは間違いないです。
そういう背景のもと、ブロンズ新社では、養護学校などに大型だるまさんシリーズの絵本を寄付したいと思っていたそうですが、その第1号に、なんとほがらかファミリー音羽が選ばれました。
うれしい~!
さっそく子どもたちに読みました。大型の迫力ある絵をたっぷりと楽しんでくれていました。
ブロンズ新社さん、ありがとうございました!

From:しん

ブロンズ新社さん、ありがとうございます!

—————————————————————————
※「ほがらかファミリー音羽」は“ていねいで心地よい子育て”をするところです。
※三重県菰野町で、児童発達支援・放課後等デイサービスを行なっています。
—————————————————————————

 

お問い合わせはこちら

         059-340-9276info@hogaraka-family.jp