はじめてのメイン

ほがらかファミリー音羽での療育は、原則として3人の保育士・指導員がついています。
3人の内訳は、メインでプログラムを進行する者1人。メインの者をサポートするサブ1名。記録1名です。かなり手厚い体制と言えます。
ぼくは、これまで、サブと記録の係。そして絵本を読ませてもらっていましたが、今日、初めてメインをつとめさせていただきました。
いつもとは違う人がメインをすることで、子どもたちが多少のストレスを感じることになると思うのですが、そのことがさらに子どもたちの成長を促すと思っています。
環境の変化に敏感な子もいるので、この状況を楽しめたら、さらに自信の幅が広がるぞと考えて臨みました。
(もちろん、スタッフはそのことを織り込み済みで、今回、ぼくにメインをすすめました。)

結果、たっぷり楽しんでくれました。
子どもの自信の幅が広がるだけではなく、ぼくの自信の幅も広がりました。

絶妙のタイミングで、絶妙の対象者を選び、メインの役割を与えてくれたスタッフに感謝です。

From:しん

自信の幅が広がりました!

—————————————————————————
※「ほがらかファミリー音羽」は“ていねいで心地よい子育て”をするところです。
※三重県菰野町で、児童発達支援・放課後等デイサービスを行なっています。
—————————————————————————

 

お問い合わせはこちら

         059-340-9276info@hogaraka-family.jp